キャッシングの融資について


融資とは銀行・または消費者金融などが利息を得るために個人、または企業などの資金需要者に対して金銭を貸し出すことを言う。

融資の前には企業の業務内容、経営状態、信用情報、そして担保などの価値を審査し、融資を行う事となる。

キャッシングの場合は個人に対して融資することになる。その際は企業ほどではないが審査が行われ、信用情報が主な審査の対象となる。

個人に対しての融資でも、個人に対しての融資でも一般的に住宅ローンなどと比べると無目的のキャッシングの方が融資金額が小さく、またそのため利息も大きくなっている。

融資を受けた側は、それを資金として業務を行い、営利活動から出た利益の一部を利子として支払う。

個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることとなる。

つまり、返済した分、翌月の生活が圧迫されることになることを計算に入れないと翌月に返済した分をまた借り入れるような非効率的な状態にも陥りかねない点は十分注意が必要。

一般的に言われるようにその点が「ご利用は計画的に」と言う言葉に集約されているとでも言えばわかりやすいでしょうか?くれぐれもカード破産のような事だけは避けたいものである。

そのためか、昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。