キャッシングしてみたら? > キャッシング



カードローン地獄


カードローン地獄にならない為に。

カードローンの仕組みや自分の貯金や収入を理解した上で、カードを利用すれば、返済に困らないのでは。

そんな方でも「カードがあるから大丈夫」という心の油断から、カードローン地獄が始まっていくのです。

学校を卒業して、晴れて社会人となって、はじめてカードが持てる喜びもあると思います。

しかしその喜びに浮かれて支払いは全部カードを使ってなんでも買い物をしていると、後が怖いですよ。

カードローンは大変便利なものですが、カードの利用の仕方を間違えると、天使にもなり、悪魔にもなるとても怖いものです。

いろんな機能がついてメリットもたくさんあるので、いまや生活に切っても切り離せないものとなっていることも怖い存在のひとつです。

あくまでもカードローンは自分の貯金でも収入でもなく、借りているお金なのだと自覚していれば、使い過ぎず、生活にとって便利なものとなるのでしょうが、いつのまにか自分のお金と勘違いして、ショッピングなどでどんどん利用してしまうと、明細書を見てビックリということになりますよ。

 投稿者 土屋 アンナ

カードキャッシング時の心構え


キャッシング時の心構えについて。

今日では、比較的簡単にカードキャッシングができます。

即日にお金を借りることが可能ですが、それは自分のお金ではありません。

借りたお金は自分のお金では無いこと。

借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

金額が大きくなると、自分のお金でもないにもかかわらず、それが自分のお金と錯覚してしまいがちです。

カンタンな手続きでお金を借りることができるので、自分の持っている口座からお金を引き出すような感覚でカードで借り入れをしてしまう場合も少なくないようです。

そのような場合にこそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。

そうなると、自分の稼ぐお金より使うお金の方が多い状態となり、カードのキャッシング返済が全く追いつかないということにもなってきます。

このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際には、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を選ぶようにしたいものです。

借り入れしていることを安易にしておかず、キャッシングの状態、とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を把握するようにしましょう。

把握できていない人、毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。

借入している金額が、20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビCMにも出てきますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理のない返済が出来るようにしておきましょう。

毎月の返済を欠かさずきっちりとしていれば、クレジット会社にたいする信用がつくので、借り入れ利率の引き下げや、融資の限度額の増額などがあります。

カードキャッシング返済の方法


カードキャッシング返済の方法についてまとめてみました。

カードキャッシング返済の金利は年利で表示されていますが、実際は日割りで利息がつきます。実は借りた日その日に返済すれば金利はつきません。

日割りで利息を計算するので、借りたその日は日数に含まれないのです。

また、カードキャッシングの返済方法はいろいろな方法があります。

気になる利息の計算方法は、基本的に「利息 = 借り入れ金額 × 実質年率 ÷ 365(日) × 利用日数」となっています。

カードキャッシングをした場合の返済方法の1つにリボルビング払いというものがあります。

リボルビング払いは、略してリボ払いとも呼ばれている返済方法です。

このリボ払いは毎月毎月決まった金額をカードで返済していく方式です。

返済額が一定なので、利用金額よって借金返済回数が決まるものです。

リボ払いによる返済方法は、返済金額の算出方法によって各種方法が異なります。

具体的には支払額が毎月一定の定額方式、指定した一定額に加えて利息を支払う定率方式、段階的に返済定額や定率を変更する残高スライド方式に分類されます。

消費者金融で多く採用されているのは残高スライド方式で、借り入れ残高によって、返済額が変化(スライド)します。

もう1つの返済方法に借り入れ元金を返済回数で割った金額に、月々の利息を加えた額を返済していく方法があります。

これは元金均等方式(がんきんきんとうほうしき)と呼ばれる返済方法です。

元金均等方式による返済方法は、返済を続けていくにつれ毎月の返済額が減っていくのが特徴です。

これは借入金の利息は元金の残高に対して発生するからです。

これに対して元利均等方式(がんりきんとうほうしき) は、毎月の返済額を一定額に設定した上で、借り入れ元金部分と利息分の割合を変化させる返済方式です。

元利均等方式の返済方法は、住宅ローンや事業資金など高額のローン返済に用いられることが多い方式の一つです。

ローンの返済をスタートした当初は利息部分が多く、ローン返済回数が進むにつれて、だんだんと元金の返済部分の割合が大きくなっていくのが特徴の返済方法です。

キャッシングローンの基本


キャッシングローンの基本について。

カードキャッシングとは、クレジットカードやローン専用カードを使って受ける小口の融資です。

通常は、ATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)を利用してお金を借ります。

カードキャッシングによりお金を借りた時の返済方法はいろいろあります。

銀行での自動引き落とし、コンビニエンスストアでの支払い、ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などで方法があります。

カードキャッシングの返済方法には、いろいろとあるので便利です。

カードキャッシングでお金を借りた場合、返済日の選択はキャッシングの契約時に決まります。

カードキャッシングの返済方法は、基本的には月1回の返済になっています。

具体的な返済回数や返済金額を指定する方法のほかにも、幾つかある中から選択する方法があるカード会社もあります。

カードによるキャッシングでお金を借りた場合には、その利息は1日単位でかかるのが通常です。

カードキャッシングは利息が1日単位なので返済が一日遅れた場合、その日の分も利息が加算されてしまうので、返済日には注意しましょう。

逆にいえば、借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。

カードキャッシング融資の利息上限は、法律で29.2%までと決められています。

融資会社によりその利息の幅がありますが、だいたい年8%〜20%くらいになっています。

利息の比較も大切ですが、カードキャッシングを利用して借り入れする時には、返済方法についてはっきりとした計画を立てておきましょう。

無駄な出費を避けるためにも大切なポイントです。

自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしましょう。

そして利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、キャッシング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

銀行系のキャッシング会社とは


銀行系のキャッシング会社は三井住友銀行系のアットローン、三菱東京UFJ銀行系のモビット、新生銀行のノーローンなどがあります。

クレジットカード系は高額の、銀行系は低金利でのキャッシングが可能です。
 
銀行のキャッシングの特徴として、もうひとつ運営されているところが大手の銀行で同系列の会社であるというところです。
 
このようにそれぞれに特徴がありますから、何を目的として利用するのかはっきり決めましょう。
 
銀行とクレジットカード会社は、審査が消費者金融会社よりも厳しいので、キャッシング可能になるまでに時間を必要とします。
 
そうはいっても、急にまとまったお金がいるようになったとき、とりあえずすぐに用立てできるのがキャッシングのいいところですね。

借金返済方法を相談する


キャッシングの返済額が予想以上にかさみ、返済が困難な状況になった時にすべき事は、素人にはわかりません。

そんな時のために、完済までの打開案を出してくれる専門家が存在します。

借金返済のプロは、返済が思うようにいかない時にどう工夫をすれば状況を打破できるかという知識を持っていますから、いい解決策を出してもらえるかもしれません。

例えば、借金を一本化することで、状況が良くなる訳ではない場合もあります。

お金に関連することですから、気をつけなければいけない点もたくさんあります。

より低金利のキャッシング商品を利用して、返済の負担を軽減するという手段もあります。

けれど、現在の自分の条件で目的の銀行から融資を受けられるかはわかりにくいでしょう。

専門的に借金返済の相談に乗っている人なら、たくさんの事例やたくさんの会社を知っています。

プロならこれまで経験してきた事例の中から、目の前の人の状況ならばまず何をすれば借金の返済が現実的になるか、どのような返済スタイルを取れば無理なく完済できるかなどを検討してもらえるでしょう。

返済に行き詰まった時に何もかも1人で判断すると、一本化ローンの先としてネットで選んだ会社が問題のある会社で被害に遭ってしまうということもあります。専門家のアドバイスを受けることができれば、問題がある会社かどうかも事前にわかります。

プロのアドバイスを受けることができれば、1人で思い悩むより精神的にも心強いですし、いい方法が見つかるかもしれません。
タグ:借金 返済 相談

スピードキャッシングの注意点


その日のうちに融資が可能なスピードキャッシングは、急なトラブル時に助かる存在です。

ある調査期間の統計では、キャッシングを利用している人の借り入れ件数の平均は3社で、借り入れ金額は、100〜150万円と報告されているようです。

テレビでキャッシング会社がコマーシャルを出す時には、よく「ご利用は計画的に」というフレーズが組み込まれます。

計画性無しにやみくもに借入件数を増やしていく事は、しないように気をつけたいものです。

キャッシング融資を利用する際の目安としては、月々の返済額は収入の2割以内におさまる範囲に留めるということです。

毎月の支払いが無理のない返済を計画的な返済と言います。

無理な返済になるようなキャッシングの利用をしてしまった場合、他の状況や家族によって代わりはありますが、返済不能に陥る可能性が上がります。

キャッシング返済の為に他のキャッシングをしては多重債務に陥ることも考えられますので注意が必要です。

スピードキャッシングはお金が必要になった時にあまり手間をかけずにすぐに用意できますから、つい頼りたくなります。

ですが、当然ながら、キャッシング融資とは借金をする行為なのです。

多重債務状態にならないようにするために心得ておくべきことは、手軽にすぐに借り入れができるからと、どんどん借りてしまいがちであることを知っておくことです。

キャッシングを利用せざるをえない時は、本当に必要なお金なのかをよく考えた上で、正しい知識で返済の計画を立ててからにしてください。

スピードキャッシングを利用するポイント


各金融会社にスピードキャッシングと名付けられたキャッシング商品がありますが、その条件は色々です。

たくさんあるスピードキャッシングですが、利用する最大のポイントは、審査時間と融資までの時間がどれくらい掛かるのか確認する事です。

スピード融資に定評があるキャッシング会社といっても、その時間はそれぞれ違います。

翌日お金を使いたいのに審査に2〜3日掛かるのであれば、いくらスピードキャッシングでも、お金を借りる意味が無くなってしまいます。

スピードキャッシングを選ぶ時には、今必要な期限を明確にし、その条件に見合うようなところを探しましょう。

融資までの早さだけでなく、限度額や金利についてもよく調べておきましょう。

限度額が高い方が必要なお金を一社でまかなうことができますし、金利が低い方が返済総額が少なくなるので、より低い方がお得です。

新しく別な会社から借り入れる時も、他社借入件数が少ない方が審査に有利になります。

キャッシング会社から融資を受けようと思った時には、選び方にはこういった視点があります。

即日審査で即日融資のスピードキャッシングですが、アルバイト、フリーター、パートの人でも簡単に利用出来る様になりました。

キャッシング会社のサービス内容は多様化し、最近では審査基準も様々です。

定収入のない人や年金生活者でも融資可能な会社もあります。

楽に申し込みができて即日融資が可能なスピードキャッシングを上手に利用し、急な物入りでも切り抜けていきましょう。

キャッシングの返済の種類について


キャッシングにも多くの種類があり、キャッシングによって返済の方法なども異なってきます。

また、返済の方式が自分で選択できるキャッシングサービスも存在しているようです。

ローンという意味で言えば一般的なのが「元利定額返済方式」です。

この方式は、各返済日に一回の返済額が毎月同額の返済方式です。

キャッシュフローが一定なので返済金額がわかりやすいのが最大の特徴です。

ただし、ローン返済期間の初めは利息に充当されるので残高が減りにくいという欠点も持っています。

一般的には住宅ローンなどで設定されるタイプの返済方式で、キャッシングの場合はあまり見かけないタイプの返済方式ですがキャッシング経由での買い物の分割払いをするとキャッシング並の利息で分割払いをすることもできるようです。

もちろん、クレジット払いで分割する事ができるのならその方が安い場合が多いのであまりお勧めできる方法ではないでしょう。

キャッシングの返済について


キャッシングにおいて融資の次の段階であり、最も重要になってくるのがこの返済です。

借り入れ側を債務者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。

債権者は、負債者から元本(または元金と呼ぶ)と利息を受け取る権利があります。

また債務者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。

返済といっても様々な方法があり、ATM(キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です)から期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがある。

また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在している。

一長一短ではあるが確実に返せるものなのならキャッシングして時間のたたないうちに完済してしまうのが最も理想的な形なのですが、現実は分散して返済することになるでしょう。

また利息のタイプには返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算され初めから上乗せされるタイプ。

大きく分けると二つのタイプがある。

これは返済の方式によって変わってくるものなのでキャッシングの前には必で返済を行えるキャッシングサービスと定期的に返済用ず確認しておくべきでしょう。

キャッシングの融資について


融資とは銀行・または消費者金融などが利息を得るために個人、または企業などの資金需要者に対して金銭を貸し出すことを言う。

融資の前には企業の業務内容、経営状態、信用情報、そして担保などの価値を審査し、融資を行う事となる。

キャッシングの場合は個人に対して融資することになる。その際は企業ほどではないが審査が行われ、信用情報が主な審査の対象となる。

個人に対しての融資でも、個人に対しての融資でも一般的に住宅ローンなどと比べると無目的のキャッシングの方が融資金額が小さく、またそのため利息も大きくなっている。

融資を受けた側は、それを資金として業務を行い、営利活動から出た利益の一部を利子として支払う。

個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることとなる。

つまり、返済した分、翌月の生活が圧迫されることになることを計算に入れないと翌月に返済した分をまた借り入れるような非効率的な状態にも陥りかねない点は十分注意が必要。

一般的に言われるようにその点が「ご利用は計画的に」と言う言葉に集約されているとでも言えばわかりやすいでしょうか?くれぐれもカード破産のような事だけは避けたいものである。

そのためか、昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。